国際慢性病研究所

日本の人口は高齢化し始め、様々な生活習慣病の発生率が増加しました。生活習慣病として、慢性病とは内臓に限らず全身性の機能不全であり、西洋医学では効果的で適切な治療法がなく、治療が困難です。一般的に西洋医学を急性疾患に、そして東洋医学を慢性疾患に使用しました。当研究所は東洋医学は体力を向上させることができると信じています、主に高血圧や高脂血症などの生活習慣病、術後補助療法や婦人科治療を改善することができると思います。また西洋医学と比較して、東洋医学は比較的安心、副作用は小さいと思われています。東洋医学は西洋医学では治癒できないいくつかの困難な病気にしばしば補助治療として有効になっていると思います!

4241944_l.jpg

慢性疾患とは、 徐々に発症して治療も経過も長期に及ぶ疾患の総称である。
糖尿病や高血圧、高脂血症などが代表とされる。その原因は生活習慣によるものと、腎疾患、リウマチなどアレルギー性疾患が挙げられるが、その定義は機関によって異なる

平成17年度患者調査による外来患者数疾病別順位 (歯科、感染性、精神、皮膚疾患のぞく)

 1  本態性(原発性)高血圧(症)

2  脊椎障害(脊椎症を含む)

3  関節症

4  喘息

5  高脂血症

6  インスリン非依存性糖尿病

7  椎間板障害

8  白内障

9  脳梗塞

10  慢性腎不全

11  胃炎及び十二指腸炎

12  腰痛症及び坐骨神経痛

13  その他の糖尿病

14  アレルギー性鼻炎

15  骨粗しょう症

16  狭心症

17  胃潰瘍

18  肩の傷害

19  屈折及び調節の障害

20  その他の眼及び付属器の疾患

21  軟部組織障害

22  緑内障

23  アトピー性皮膚炎

24  前立腺肥大(症)

25  不整脈及び伝導障害

26  関節リウマチ

27  頚腕症候群

28  その他の脊柱障害

29  睡眠障害

30  慢性閉塞性肺疾患

      など